読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅IoT友の会

自宅IoTを純粋に楽しむコミュニティ

盆栽×IoTのその後

自宅IoT紹介

ありがとうございます!

先日のエントリ。たくさんの人に読んでいただけたみたいで、とても嬉く思います。 ありがとうございます! www.iot-life.jp

HungryBonsaiのその後

さて、飼っている盆栽のモミジに、土壌センサーをぶっ刺したIoT「HungryBonsai」にセンサーの値をtweetする機能をつけました。 qiita.com

仕組みはとても簡単で、IFTTTで「Maker」と「Twitter」を組み合わせただけです。

エンジニアとしては情けない話ですが、自宅IoTをするようになって、はじめてIFTTTを知りました。

これ、とても便利ですね!

IFTTTのおかげで、スケッチにtwitter連携のプログラムをごにょごにょ書くことなく、センサーの値をtweetできました。

また、ESP-WROOM-02に付いているdeep sleep機能も、IoT初心者にはビックリな機能です。

こちらはスケッチに関数をひとつ記述して、ハード側では指定されたピン接続をするだけで、設定した時間の間隔でセンサーの値を読み取ってtweetしてくれます。 (deep sleep機能なので、次のタイミングまで、省電力のまま寝ていてくれます。)

こうして、HungryBonsaiの目標である、盆栽の水やりタイミングをIoTで見える化することができました。

f:id:jun1_0803:20160608183556j:plain

まとめ

これで、いちおうHungryBonsaiの制作は終わりです。

まだまだ初心者で、大したことをやっていない中、おおげさかもしれませんが、 自宅IoTを始めてから、エンジニアとしての世界が広がっていくと感じています。

自宅IoT、楽しいですね!

さて、次は何を作ろうかな。