読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅IoT友の会

自宅IoTを純粋に楽しむコミュニティ

プラレールを遠隔操作できる「 IoTプラレール」をOSC北海道で展示します

自宅IoT友の会 部長のmana-catです。

大事なお知らせ

申し訳ございません。6月18日開催予定のOSC北海道の出展をとりやめました。
子どもが肺炎で入院したため、北海道まで向かうことができなくなりました。楽しみにしていた皆様、本当に申し訳ありません。
今後も展示やイベントなど企画いたしますので、また改めてよろしくお願い致します。

水やり不要のIoTアクアポニックス(野菜の水耕栽培+魚の飼育)

自己紹介

自宅IoT友の会 会員No.8「くがとしお」です。
九州で組み込みエンジニアをやっております。
IoTに興味がありWebやクラウドについて勉強中です。よろしくおねがいします。
 
 

IoT活動紹介

僕のIoT活動を紹介します。
皆さん「アクアポニックス」をご存知でしょうか?

Aquaponics = Aquaculture(魚の養殖) + Hydroponics(水耕栽培)

水耕栽培と魚の養殖を掛け合わせた、今話題の循環型のエコな農業です。


【WBS トレたま】さかなで野菜を育てる「さかな畑 」(アクアスプラウト)|2016年4月8日放送  
 
魚の排泄物をバクテリアが分解します。
そして植物が分解した栄養素を吸収して水が浄化されて循環します。

水がきれいなままなので、
水槽の水換えをする必要も、野菜への水やりも不要になるのです!!
素晴らしい!

構築したアクアポニックス環境はこんな感じです。(魚と野菜はまだ飼育していません)


Aquaponics CHOP2  
 

IoTアクアポニックスの機能紹介

手間いらずというのがアクアポニックスの利点ですが
ラズベリーパイでIoT化してさらに手間いらずにしようとしています。
 

自動給餌器

ブラウザ上のボタンから魚にエサをやれる機能を追加しました。


ラズベリーパイ2でアクアポニックスに自動餌やり器をつけてみた  
 
自宅IoTとして、ペットの餌やりを自動化したいときは参考にしてみてください。
プログラムや作り方はこちらのページで公開しています。

g-action.gack2u.com  
 

モニタリングシステム

ブラウザ上からリアルタイムに野菜と魚の様子を見れる機能を追加しました。

f:id:kuga_toshio:20160514181750p:plain  
 
上は写真ですが、こちらのページから動画でリアルタイムに様子を確認できます。
g-action.gack2u.com  

   
自宅IoTとして、監視カメラを作りたいときは参考にしてみてください。
プログラムや作り方はこちらのページで公開しています。

g-action.gack2u.com  
 
 

温度・湿度グラフ

ブラウザ上から1時間毎の温度・湿度・気圧を確認できる機能を追加しました。
ちょっと表示まで時間がかかる場合がありますが、アニメーション付きグラフです。

f:id:kuga_toshio:20160514181150p:plain  
 
自宅IoTとして、自宅の温度等を計測したいときは参考にしてみてください。
プログラムや作り方はこちらのページで公開しています。

g-action.gack2u.com  
 
 

最後に

アクアポニックスについては、まだ勉強中です。
野菜と魚の飼育を開始したら、おそらく改善するところが出てくると思います。

今回の記事が、自宅IoTに興味を持っている方の参考になれば幸いです。
読者の皆さん、自宅IoT友の会 会員の皆さん、宜しくお願いします。
 

入部しました(礫)

こんばんは。 会員になりました。礫と申します。 どうぞよろしくお願いします。

ユビキタスって面白そうだなと思いつつ、ふと気がつとIoTと呼ばれてたという、 そんな浦島太郎です。

f:id:tsubute:20160514003108p:plain

先日マンションの組合で、「お宅以外、他に使っている人いないから」という理由で、 宅配ボックスの通知メールサービスが廃止されてしまいまして、やむなく、マンションのインターフォンから 増設スピーカー用の配線を自力でつないで、ピンポン通知をメールで受信することにした今日この頃です。

写真左側、左にあるのがPi Zero上に乗ってるのは、Arduino Microです。 適当なケースがなかったので、とりあえず無駄に大きいAmazonの段ボールに格納。

そのうち郵便受けの投函通知機能なんかも作れたらいいなあと言いつつ、 電源供給と、無線の距離を考えると、そこそこハードル高そうなので、実は誰かが作ってくれるのを待ってます。

ちなみに1代目(1台目)のraspberry piは、ハリネズミの走行距離測定で稼働中です。

Webエンジニアが盆栽の水やりを自宅IoTし始めた

はじめまして

会員#5 j.aizawaです。普段はPHPを使ってwebサービスの開発をしています。 IoTは始めて約2ヶ月の初心者です。よろしくお願いします。

きっかけ

IoTを始めたきっかけは、たまたま英語の勉強で見ていた、TEDの動画です。 IoTの名の通り、いろいろなモノをネットに繋げられたらと魅力を感じました。


LiFiとは? 無線インターネット通信の画期的な新手法(日本語字幕)

それから適当にググったところ、「Raspberry Pi」と「Arduino」にたどり着き、LinuxベースということもありRaspberryPiをamazonでさっそく購入。

f:id:jun1_0803:20160513225309j:plain

盆栽の水やりとHungryBonsai

アパートのテラスで盆栽のモミジを飼っているのですが、冬は水やりのタイミングが合わず、よく土をカチカチになるまで乾燥させてしまいました。

そこでセンサーを使って、盆栽の土の中の水分を測ろうとしたことが、自宅IoTのはじまりです。

その辺の試行錯誤は自分のQiitaにまとめていますので、参考にご覧ください。

qiita.com

また、屋外で使うことを考えて、RaspberryPiから、Arduinoマイコンとしても使えて、かつwifiモジュールを搭載しているESP-WROOM-02に乗り換えました。

qiita.com

f:id:jun1_0803:20160513230742j:plain

こうしてできた水やり検知システム「HungryBonsai」ですが、まだまだ改良の余地があります。 ハード面は防水ケースに入れて、ソフト面は取得した値をTwitterなどで通知をしたいと思っています。

その辺ができたら、この自宅IoT友の会のブログでまた紹介できればと思います。

読者の皆さん、友の会会員の皆さん、今後ともどうぞよろしくお願いします。

IoT家庭菜園「電波ガーデニング」をRaspberry Piで始めました

電波ガーデニング

 GWの活動成果報告です(私は今日までGWでした)。今年のGWは去年に引き続き家庭菜園を始めました。

 この家庭菜園をRaspberry Piでネットに繋ぐことで、IoTならぬIoP(Internet of Plants)してみることにしました。

電波ガーデニングを使った家庭菜園の様子

 テスト中の様子です。

f:id:karaage:20160509134442j:plain:w640  自作した簡易防水ケースの中にRaspberry Piを入れています

f:id:karaage:20160509134516j:plain:w640  雨天中の連続動作テスト

取得したセンサデータ

f:id:karaage:20160509172739j:plain:w640  タイムスタンプ入りの画像データ

f:id:karaage:20160504162345p:plain:w640  温度、湿度のデータ

今後の予定

 Raspberry Piは無線LANを経由してネットに繋がっているので、取得したデータをネットに自動的にアップロードしたり、逆にネット経由でRaspberry PiにアクセスしたりすることでIoTらしいことをしていこうと思います。

 具体的な作成方法や、今後のアップデートは以下の記事で公開していきますので、ご興味のある方はご覧下さい。

 今のところ、ハードウェアは最低限は完成していて、ソフトウェアは最終的にどれだけ作るかまだちゃんと決めてないのですが、気持ち的には50%程度完成といったところです。ソフトウェアや設計情報はオープンソースとしてGitHubで公開しています。

 是非皆様のご家庭でもIoT家庭菜園を始めてみてください。そして、GitHubへの熱いプルリクエストをお待ちしております。

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」